自宅で使えるいびき4つの対策グッズ

いびきを解消したいと思っている人は多いでしょう。

  • いびきがうるさくて妻に寝室を別にされた。
  • いびきを指摘されて以来、人と旅行に行くのが恥ずかしい。
  • 夫のいびきが気になって熟睡出来ない。

しかしいびきは寝ている間に無意識に起こるものなので、どうすれば解消できるのか...。

睡眠時無呼吸症候群を起こしているような重いいびきの場合は専門の医療機関への受診が必要になりますが、そうでない場合は出来れば病院に行かずにいびきを改善したいですよね。

いびきは疲労やストレスなども原因になっているので、生活習慣を見直すことで改善できる場合もあります。

しかしそれでも改善出来ない場合は、いびき対策グッズを使用してみてはいかがでしょうか?
最近は通販でも様々な種類のいびき対策グッズが販売されていますので、自分の症状や環境に合った物を選びたいですね。

おすすめのいびき対策グッズ

マウスピース

口の中に装着することで下あごを持ちあげ、気道を広くする効果があります。
手術による治療などと比べても体への負担は軽く、数千円程度で購入することが出来ます。

ただしサイズが合っていないマウスピースを付けると痛みを感じることもありますので、自分の顎のサイズにピッタリ合ったものを選ぶ必要があるでしょう。

いびきは寝ているときに口呼吸することによって起こります。
人は仰向けで眠ると口呼吸になりやすいので、横向きで寝るようにすればいびきが改善されることがあるのです。

しかしいくら意識して寝ていても、いつの間にか寝がえりをうって仰向けになっている...ということもあるでしょう。

そこで、いびき防止枕がおすすめです。
頭を乗せる部分の真ん中が出っ張っているので、頭を乗せると自然と右か左どちらかに向くようになっています。
これを使えば常に横向きで眠ることになりますので、いびき改善にはかなり効果が期待出来るようですよ。

いびき防止テープ

いびき防止テープは鼻に貼って鼻腔を広げることで鼻の通りを良くする効果のあるものです。
いびきは口呼吸になっているときに起こるので、鼻の通りを良くすることでいびきを改善します。

いびき防止テープはかなり手ごろな価格で購入することが出来ますので、万が一効果がなかったとしても諦めがつきやすいかもしれませんね。

アンスノール

鼻の通りが悪く、鼻呼吸が妨げられていることが原因で起こるいびきには、「アンスノール」といういびき防止薬がおすすめです。
寝る前に鼻に薬液を入れることで鼻呼吸しやすくする「アンスノール」は、ドラッグストアなどでも手軽に手に入れることが出来ます。

ただし、別の理由がいびきの原因になっている場合は効果はありませんので、あくまでも鼻が原因だと分かっている場合に、使用してみると良いでしょう。

最後に

いびき対策グッズは紹介した以外にもたくさんあります。
例えば鼻呼吸しやすくするために寝室を適度な湿度に保つ加湿器なども、いびき対策グッズとしておすすめです。

いびき対策グッズを上手に使って、快適な眠りを取り戻したいものですね。

こちらもおすすめ

関連記事をもっと読む