家でもできる、鼻いびきの治し方

いびきには「喉いびき」と「鼻いびき」があるのをご存知でしょうか?

喉いびきは喉の気道が、鼻いびきは鼻の気道が狭くなってしまうことが原因で起こるいびきです。

喉いびきの場合は気道を塞がないように横向きで寝たり、扁桃腺肥大などの疾患を治療することで改善可能ですが、鼻いびきを治すにはどうしたら良いのでしょうか。

自宅でできる鼻いびきの治し方

鼻いびきは専門機関で治療しなくても、自宅で改善できる可能性があります。

鼻いびきとは

自分がかいているいびきが喉いびきが鼻いびきか分からない、という人は、一度寝ているときに誰かに鼻をつまんでもらってください。

鼻をつまんでいびきが止まるようなら、それは鼻いびきです。

鼻いびきの原因は、鼻の通りの悪さです。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻の疾患があるとき、鼻水が出ていて鼻が詰まっているときなどは、鼻いびきをかきやすくなります。

風邪や花粉症などで一時的にいびきをかくだけなら問題ありませんが、習慣化しているようなら改善法を考えなければなりません。

自宅でできる鼻いびきの治し方

■アルコールを減らす
お酒を飲んだ状態で寝ると、いびきをかきやすくなるのは何故なのでしょうか。

これは、アルコールを摂取することで鼻の中がむくみ、空気の通りが悪くなるせいです。

「鼻いびきの場合、アルコールは関係ない」と思っている人も多いようですが、実は密接な関係があったのです。

鼻いびきを何とかしたいなら、まずお酒の量を減らすことから始めてみてください。
もちろん、お酒をやめるのが一番効果的です。

■アレルギーの薬をしっかり飲む
アレルギー性鼻炎や花粉症などの鼻に関係するアレルギーがある場合は、しっかりと薬を飲むことを忘れないようにしましょう。

症状が緩和されれば、いびきも改善されるはずです。

■寝室の湿度を保つ
寝室が乾燥していると、鼻の中も乾燥して空気の通りが悪くなります。

特に鼻詰まりがひどいと感じるときは、加湿器を使ったり洗濯物を干したりして、いつもより寝室の湿度を上げるように心がけましょう。

■いびき防止グッズを活用する
薬局やドラッグショップ、通販などで販売されているいびき防止グッズの中には、鼻の通りを良くするためのものもたくさんあります。

鼻の中の乾燥を防ぐためのスプレーや、鼻孔を広げて空気の通りをスムーズにするための用具などがありますので、試してみると良いでしょう。

最後に

鼻詰まりを解消していびきが治るのなら良いのですが、まれに鼻の疾患や鼻の骨が曲がっていることが原因で鼻いびきをかいているケースもあります。

家でできる対策を試してみても鼻いびきが解消されない場合は、一度しっかりと耳鼻科や専門機関で診てもらうことをおすすめします。

もうこれ以上いびきに邪魔されずに快適な眠りを手に入れて、爽快な朝を迎えられるようになりたいものですね。

関連記事をもっと読む