病院でいびきを治療する方法

いびきが慢性的に続くと、様々な体の不調が起こります。

毎晩いびきをかいて寝ているということは熟睡出来ていないということになりますので、日中なかなか疲れが取れなかったり、眠気がひどくて運転中に事故を起こしてしまうケースも少なくありません。

また、いびきによって脳や血液中の酸素濃度が低くなり、脳卒中や糖尿病などの重大な病気を引き起こしてしまうこともあるのです。

いびきを改善するために生活習慣を見直したり寝るときの姿勢を変えてみるという方法はありますが、これらを試してもいびきが改善されない場合は、病院での治療が必要になるでしょう。

最近は「いびき外来」を開設している医療機関も増えてきているので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

では、病院でいびきを治療するとなるとどのような方法があるのかをご紹介しましょう。

病院でのいびき治療

鼻CPAP療法

いびきの原因は気道が閉塞していることにあります。
眠りにつくと咽頭を広げる筋肉の緊張が緩み、喉の奥がふさがる状態になるため、いびきが起こります。

鼻CPAPは鼻に当てるマスクのことで、空気に圧力をかけて鼻に送ることで、閉塞している気道を広げる効果があります。

いびきの程度が重い人や睡眠時無呼吸症候群を起こしてしまっている人に鼻CPAPの効果は絶大で、使用した人のほとんどがいびきの改善を実感しています。

マウスピース療法

いびきの程度が軽い場合は、マウスピース療法がおすすめです。
マウスピースを口の中に入れることで下あごの位置を少し前に出し、気道を広げる方法となります。

マウスピースはインターネットなどでも購入することが出来ますが、出来れば病院に行って自分に合ったサイズのものを使用するようにしましょう。
着け始めのころは違和感を感じる人も多いようですが、時間が経てば慣れてくるようです。
マウスピースは市販のものだと5000円程度で購入出来ますが、自分の顎のサイズに合わせたものをオーダーメイドするとなると、5万円ほどかかります。

また、顎関節症になりやすい人や入れ歯の人などは使用できませんので注意が必要です。

レーザー手術

レーザーで咽頭を切って広げる手術で、ここ数年で急増している治療法のひとつです。
治療は局部麻酔で行われますので、体への負担も少なく、入院の必要もありません。
術後は何度か通院が必要になりますが、痛みも副作用の心配もありませんし、効果はかなり期待出来るようです。

ただしレーザー治療に対して保険を適用している病院としていない病院がありますので、費用にはかなり差があるようです。

最後に

このように病院でのいびき治療にはいくつか種類がありますが、まずはいびきの程度や睡眠時無呼吸症候群を起こしているかどうかなどを調べた上で、どの治療法が適しているか決まります。

いびきには健康的に深刻な問題が潜んでいる場合もありますので、自己判断せずにまずは受診することをおすすめします。

こちらもおすすめ

関連記事をもっと読む