いびきと睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群」という病気をご存知でしょうか?

睡眠時にいびきをかく人の約10%が、睡眠時無呼吸症候群を起こしていると言われています。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に何らかの原因で上気道が閉塞することによって、呼吸が繰り返し止まる状態のことを言います。

大きないびきをかいて寝ていると思ったら、突然呼吸が止まり、数秒後にまた大きないびきをかき始める...という光景を見たことはありませんか?

それがまさに睡眠時無呼吸症候群なのです。

慢性的にいびきをかいていると、上気道が閉塞し、睡眠時無呼吸症候群を起こす可能性が非常に高いと言われていますので、いびきには注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群にはいびき同様、自覚症状がありませんので、周囲の人が気付いたらすぐに指摘してあげるようにしましょう。

いびきと睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群には様々な症状があります。

  • 睡眠時に10秒以上呼吸が止まる状態が5回以上繰り返される。
  • 睡眠時間を十分にとっているのに、日中眠気が襲ってくる。
  • 記憶力、集中力が低下する。
  • 夜中に何度もトイレに起きる。
  • 朝起きたときに頭痛がする。

眠っている間の無意識の状態で起こっていることなので、他人からの指摘がない限り気付かない人も多いでしょう。

もし上記のような症状に悩まされているのであれば、睡眠時無呼吸症候群を疑う必要があるかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす合併症

睡眠時無呼吸症候群は、慢性的な睡眠不足や集中力の低下だけでなく、脳や血液への酸素濃度の低下により、重大な合併症を引き起こす可能性があります。

心不全や心筋梗塞などの心疾患、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、肺の機能障害や脳卒中など、中には命にかかわる病気につながることもありますので、早期に医療機関を受診することをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

医療機関で睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、呼吸中枢を刺激する薬物による療法や、下あごを前に出して気道を広げる効果のあるマウスピースの装着、レーザーによる気道切開手術などが考えられます。

また、睡眠時にCPAPという鼻のマスクを装着することで、圧力をかけた空気により気道を広げる治療法も、近年注目を集めているようです。

いずれの治療法も、健康保険が適用される場合とされない場合がありますので、医師にしっかりと相談してみましょう。

最後に

睡眠時無呼吸症候群と診断された人は、全国に200万人以上いると言われています。

深刻な病気を引き起こす可能性のあるこの病気は、早期に発見して早期に治療することで、多くの場合が改善することが可能です。

もし、毎晩夫のいびきに悩まされているという人がいるなら、単なるいびきなのか、危険ないびきなのか、見極める必要があるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群は、自分では気づくのが難しい病気です。
周囲の人がよく観察し、おかしいと思ったら受診をすすめるようにしましょう。

こちらもおすすめ

関連記事をもっと読む