寝言に返事したらいけません・意外に知らない脳に与える影響&その真実

不眠や睡眠時無呼吸症候群、いびき等、睡眠の質を落としてしまう原因になるものはたくさん存在しています。

質の良い睡眠を取ることは私たちが健康に生きていくために必要なことであり、睡眠を妨げる原因となるものは改善していかなければなりません。

実は寝言もそのひとつです。

横で寝ている人が面白い寝言を言っていたら、つい返事をしてからかいたくなってしまう気持ちは分かります。

しかし、「寝言に返事をしてはいけない」という説があることは、ご存知でしょうか?

寝言に返事をすることは、実は脳に悪影響を与え、睡眠の質を落としてしまう原因になるのです。

寝言に返事をすることについて

「寝言に返事をしてはいけない」という説は単なる都市伝説ではありません。
その際に脳にどのような影響を与えることになるのか、寝言の原因とともにまとめてみました。

寝言に返事をすることで脳に与える影響

私たちは睡眠中に、眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠を繰り返している、ということはご存知だと思います。

「むにゃむにゃ」というようなはっきりとしない言葉の寝言はレム睡眠時に発せられるものであり、はっきりとした言葉の寝言はノンレム睡眠時に発せられています。

レム睡眠中は脳が覚醒状態にあるため、体は寝ていても脳は起きている状態に近い、と言われています。

そんな状態のときに発した寝言に対して返事をされると、脳がなおさら覚醒してしまい、睡眠のリズムが崩れ、睡眠の質が悪くなります。

休むべきときに脳が休めないことこそが、寝言に返事をすることが脳に与える影響なのです。

寝言の原因

大抵の場合、寝言の原因は生理的なものであり、問題のないものばかりです。

しかし、まれに心配な原因で寝言を言っている場合もありますので、どのようなものがあるのか知っておきましょう。

■レム睡眠行動障害

レム睡眠行動障害は見ている夢の内容に反応して寝言等の異常行動が発生する睡眠障害の一種です。

■夜鷹症

寝言と言うよりは、叫び声や悲鳴を上げながら目を覚ましてしまう、子供に多い睡眠障害が夜鷹症です。

■ナルコレプシー

喜怒哀楽といった感情の変化に合わせて急に体の力が抜けたり、入眠時幻覚や金縛りが起こる睡眠障害、ナルコレプシーの患者も、寝言を言うことが多いと言われています。

■うつ病

自律神経失調症やうつ病など、ストレスが過剰に溜まったことによる影響が寝言として現れることも少なくありません。

最後に

寝言と脳には密接な関係があることを、お分かりいただけましたでしょうか。

私たちが普段あまり深刻に考えることのない「寝言」の問題は、時に体に健康被害を及ぼす危険性もあるということを覚えておいてください。

特に「寝言で叫ぶことがある」、「急に寝言を言うことが増えた」という場合は、「危険な寝言」である可能性が高いと考える必要があります。

関連記事をもっと読む