寝言に返事するとイケナイ理由・脳に受けるダメージが心配レベルな件

「寝言に返事をすると相手が死んでしまう」とか、「魂が戻ってこられなくなる」という話は、聞いたことがあると思います。

もちろんつい寝言に対して返事をしてしまった、という経験を持つ人は多いでしょうし、本気で「返事をしたら相手が死んでしまう」と思っているひとはあまりいないでしょう。

しかし、寝言に返事をすることで、相手の脳がダメージを受けていることは確かです。

死んでしまうことはないにしろ、何らかの体調不良の原因になり兼ねない、ということだけは覚えておきましょう。

寝言に返事をすることについて

寝言に返事をすることがなぜ脳にダメージを与えることになるのでしょうか。
その理由と、寝言のメカニズムについてまとめてみました。

寝言のメカニズム

寝言は寝ている間の出来事なので、本人が自分で気づくことはほとんどありません。

まれに大きな声で寝言を言ってしまい、その声で目を覚まして「今寝言を言っていたかな?」と気づくこともありますが、大抵の場合は人から指摘されて気づきます。

寝言には「むにゃむにゃ」とハッキリしない言葉から、見ている夢の内容に沿って笑ったり怒ったりしているもの、ハッキリとした言葉のものなど、様々なものがあります。

それらの寝言のメカニズムとは、一体どうなっているのでしょうか。

まず、私たち人間の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分かれています。

レム睡眠は眠りが浅く、脳は起きている状態とほとんど変わりません。
一方ノンレム睡眠は深い眠りで、大脳もしっかりと眠っています。

レム睡眠時は喉や唇を含め、全身の筋肉の抑制が低下しているため、夢の内容に合わせて言葉を発しやすくなっています。

寝言の多くはレム睡眠時に発せられ、その原因はほとんどが生理的なものですが、まれにストレスや不安によって筋肉を抑制する機能が低下することが原因となっているようです。

寝言に返事をすると...

では、レム睡眠時の寝言に対して返事をすると、どうなるでしょうか。

レム睡眠時は、体は眠っていても脳は活動しています。
何のために脳が活動しているのかと言うと、脳が情報を整理するためです。

そんな重要な活動をしているときに発してしまった寝言に対して返事をされると、脳は外からの情報を処理するために、さらに活動量を増やさなければならなくなります。

そのために脳は覚醒し、疲れを蓄積させてしまいます。

睡眠のリズムが崩れ、質の良い睡眠が取れなくなってしまうことから、体調不良の原因となると考えられているのです。

一言二言の寝言をたまに言うくらいなら問題ありませんが、あまりにも寝言の多い夜が続くと、健康が害されてしまう危険性がある、というわけです。

最後に

寝言のメカニズムが理解できれば、寝言に対して返事をすることがなぜいけないことなのか、お分かりいただけると思います。

もちろん本当に命に関わるような危険はないものの、寝言を言っている人のことはそっとしておくのが一番、ということです。

関連記事をもっと読む