マウスピースを使ったいびき治療の効果とネットでの評価

いびきの原因は人それぞれですが、場合によっては生活習慣の改善でいびきをかかなくすることは可能です。

それでもいびきが治らない、という人は、病院での治療をおすすめします。

病院に行くと必ずしも外科的手術を行うというわけではありません。

最近はマウスピースを使ったいびき治療が効果的である、という報告が上がっています。

マウスピースを使ったいびき治療

実際にマウスピースを使用することでいびきが改善した、という例は数多くあります。

どのような効果があるのかまとめてみました。

いびきの原因とは

いびきは睡眠中に上気道が狭くなることで、空気が喉を通るときに振動が起こり音が鳴る、というメカニズムで起こります。

では、なぜ上気道が狭くなるのでしょうか。

考えられる原因には、肥満によって喉の周辺に脂肪がつくこと、鼻に何らかの疾患があり、寝ている間に口呼吸になってしまっていること、睡眠薬や精神安定剤の服用によって筋肉の緊張がなくなること、アデノイドの肥大によって気道が狭くなっていること、などが挙げられます。

睡眠中に何度も呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群の人はいびきをかくことが多く、早期に治療を開始しなければ重篤な病気を引き起こす原因にもなり兼ねません。

マウスピースのよるいびき治療の方法

外科的治療のように身体に負担をかけないいびき治療法として近年注目を集めているのが、マウスピースによる治療法です。

マウスピースと言うとボクシングに使用するものを連想しがちですが、それとは全く違ってはめ込むことで気道が広がるような形状になっています。

上気道が広がることで空気の通りが良くなり、いびきをかかずに眠ることが出来るようになります。

マウスピースを装着した状態で眠ることに抵抗を感じる人もいますが、毎日使っているうちに自然と慣れてきます。

マウスピースによるいびき治療の効果

マウスピースを使ったいびき治療の効果は90%と言われています。

数回の通院で比較的安価でマウスピースを作ることができ、小型なので旅行などに行くときも簡単に持ち運びが可能です。

ただしマウスピース治療は鼻に疾患があったり歯周病や顎関節症などの病気を抱えている人には使えない場合がありますので、病院でよく相談してみましょう。

ネットでの評価は?

マウスピースによるいびき治療はネットでも高評価されています。

身体に負担をかけることなく、安い費用でいびきを改善出来るので、他のいびき治療に比べても評価している人が多いようです。

ただし最初のうちは違和感があるため、慣れるまで時間がかかった、という意見も見られます。

最後に

いびきの専門家と歯科医が共同開発した、型取りの必要がないマウスピースも市販されています。
なか
しかしやはりきちんと通院して口腔内の検査と型取りをしてもらい、自分に合わせたマウスピースを作ってもらうのが一番でしょう。

関連記事をもっと読む