評価未知数!いびき防止クッションに効果はあるのか?

いびきは人に指摘されないとなかなか自分では気付けないものなので、自分がいびきをかいているかどうか分からない、という人も多いでしょう。

  • ちゃんと寝ているはずなのに熟睡できた気がしない
  • 日中ひどい眠気に襲われる
  • 集中力や注意力が低下している

そんな人はもしかしたらいびきをかくことが習慣化しているのかもしれません。

いびきを解消して安眠を取り戻すためのいびき防止グッズは数多く販売されていますが、中でも注目を集めているのが「いびき防止クッション」の存在です。

いびき防止クッションの効果

「いびき防止クッション」とはどのようなものなのでしょうか。
いびき防止に対してどのような効果があるのかまとめてみました。

いびきと寝姿勢の関係

実はいびきは寝るときの姿勢に深く関係しています。

そもそもいびきは寝ている間に何らかの要因で気道が狭くなり、空気が通るときの振動が音となって現れるのが原因です。

気道が狭くなる要因には、肥満や扁桃腺肥大、鼻の通りが悪い、などが考えられますが、いずれにしても上向きで寝ることで舌が喉の奥に落ち込み、気道はさらに塞がれ、いびきをかきやすくなります。

つまり横向きで寝ることで気道が塞がるのを防ぎ、いびきをかきにくくなるのは分かっているのですが、実際に寝てしまうと常に横向きの寝姿勢をキープすることは相当難しいことです。

知らず知らずのうちに寝がえりを打って、上向きになってしまう人はたくさんいます。

そこで、横向きの姿勢で寝ることが出来るように考え出されたいびき防止グッズが、「いびき防止クッション」なのです。

いびき防止クッションとは

横向きの姿勢で寝るために枕の片側を高くしたり抱き枕を使用する手もありますが、それでも知らないうちに上向きになってしまっている、という人におすすめなのが、「いびき防止クッション」です。

「いびき防止クッション」は気道を確保するために横向きの寝姿勢をキープ出来る形に作られたクッションです。

これを使用して寝ることで、寝がえりを打っても上向きになることなく、朝まで横向きの姿勢で寝続けることが可能になります。

口や鼻に装着しなければならないマウスピースやテープなどと違って、どなたでも抵抗なく使用することが出来ますよ。

腰痛持ちの人やお腹の大きい妊婦さんにも人気があるようです。

なかなか横向きの姿勢で寝ることが出来ない、という人はぜひ試してみてください。

最後に

実際に軽度のいびきであれば、「いびき防止クッション」を使用することで翌日の目覚めが違った、と感じる人は非常に多いようです。

いびきをかいていることを自覚していない人でも、「もしかしたら...」と思うところがあったらぜひ使ってみてください。

いびきをかかずに朝までぐっすり眠れたら、きっと今までとは違った爽快な目覚めを経験することが出来るはずですよ。

関連記事をもっと読む