子どものいびきを改善する方法

子供のいびきは扁桃腺肥大や鼻の疾患が原因で起こることが多いようです。

大人以上に気を付けなければならない子どものいびき。
いびきをかいて寝ているということは、熟睡していないという証拠なので、慢性的な寝不足状態を招きます。

そうなると発育障害や集中力の欠如の他にも、睡眠時無呼吸症候群による突然死の可能性も否定できません。
そのようなことにならないために、子どもがいびきをかいて寝ていたら、そのいびきが危険なものでないかどうか見極める必要があるでしょう。

そして早急にいびきを改善する方法を見つけてあげてください。
ここでは、子どものいびきを改善する方法についてご紹介します。

子どものいびき改善法

扁桃腺の切除

扁桃腺が肥大していると、気道が狭くなっている状態になるので子どもはいびきをかきやすくなります。
何度も扁桃腺肥大による発熱を繰り返しているという場合は、手術して切除することも考えた方が良いかもしれません。
扁桃腺の肥大はいびきだけでなく耳や喉への炎症など、様々な影響を及ぼします。

子どものいびき改善には扁桃腺の切除という選択肢もあるということを覚えておいてください。

鼻疾患の治療

子どもがなりやすい鼻の疾患には、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などが挙げられます。
このような疾患を患っている場合、子どもは寝ているとき無意識に口呼吸になります。

それが原因でいびきが起こるので、早期に耳鼻科を受診して症状を軽くしてあげる処置を行ってください。
また、アレルギー性鼻炎と診断された場合は、病院で処方された薬だけに頼らず、普段からハウスダストやダニを増やさないように換気や掃除をこまめに行うことで、いびきはかなり改善されるでしょう。

生活習慣の見直し

いびきをかいているということは、睡眠の質が悪いということになります。
日中は思い切り外で体を動かし、栄養たっぷりの食事を食べ、夜は早めに就寝するという、規則正しい生活習慣を身につけさせてあげてください。
ぐっすりと眠れるようになれば寝不足も解消され、成長ホルモンも十分に分泌されるようになりますよ。

また、疲労やストレスがいびきの原因になっている子どももいます。
精神的ストレスを取り除いてあげるだけでもいびきが改善される可能性はありますので、注意してお子さんのことを見てあげましょう。

最後に

子どもがいびきをかいて寝ている場合、次のことを注意して観察してみましょう。

  • 睡眠時間は足りているはずなのに日中ぼーっとしていることが多い。
  • 夜中に何度も目を覚ますようになった。
  • おねしょする回数が急増した。
  • 寝ている間に無呼吸になることがある。

このような場合は、いびきによる睡眠障害が起こり、お子さんの体に何らかの問題が発生している可能性が考えられます。

特に睡眠時無呼吸症候群を起こしていないかについては、しっかりと見極めることが必要になります。
少しでも不安があるなら、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

こちらもおすすめ

関連記事をもっと読む