子供のいびきには注意が必要

子供がいびきをかくってあまり聞いたことのない話ですよね。
でも実際にいびきをかく子供はいます。

我が家の5歳になる長女は、少し前まで毎晩大人顔負けのいびきをかいていました。
私は「ぐっすり眠っている証拠」だと思って全く気にしていなかったのですが、周りにあまりいびきをかく子供がいないので、ちょっと調べてみたことがあったのです。

驚いたことに、子供は通常いびきをかかないものだそうです。
その子供がいびきをかくということは、何らかの異常が原因になっていることが多い、と知ったときには驚愕しました。

娘の場合は病院を受診しようかと悩んでいた矢先にいびきをかくことはすっかりなくなりましたので、恐らく一時的な鼻詰まりか何かが原因だったのではないかと思います。

しかし子供のいびきには、大きな危険性が潜んでいることが多いのは間違いありません。
もしいつまで経ってもお子さんのいびきが改善されないようなら、一度受診してみることをおすすめします。

子供のいびきの原因

扁桃腺肥大

子供のいびきの原因となっているもので最も多いのが、扁桃腺肥大です。
頻繁に扁桃腺炎を繰り返している子供の場合、いびきの原因は恐らくこれでしょう。

扁桃腺は成長と共に小さくなりますが、あまりにもいびきの程度がひどい時には一度医療機関に相談してみると良いでしょう。

鼻の疾患

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻の疾患を患っている場合、眠っているとき無意識に口呼吸になるので、いびきをかきやすくなります。

最近は子供のアレルギー鼻炎が増加していますので、ハウスダストやダニを増やさないように、日常生活でも十分に注意しましょう。

顎が小さい

顎が小さめだったり、歯並びが極端に悪かったりすると、口の中が狭くなることによりいびきをかきやすくなります。

子供のいびきが及ぼす影響

睡眠不足

いびきをかいているということは、熟睡出来ていない証拠です。
毎晩のようにその状態が続くと、子供は慢性的な睡眠不足になり、集中力がなくなったり体がだるくなったりします。

夜たっぷり睡眠をとっていてそれほど疲れていないはずなのに、日中も眠そうにボーッとしている様子を見かけたら、注意が必要ですよ。

発育障害

子供は眠っている間に成長ホルモンが分泌されますので、熟睡出来ていない状態が続くと、ホルモンの分泌が減ります。
そのことで身長や体重の伸びが悪くなったり、集中力がなくなったりと、心身共に悪影響を与えることになってしまうのです。

最後に

子供のいびきは大人のいびきよりもずっと深刻な問題と考えた方が良いでしょう。
たかがいびき、と放置しておくと、睡眠時無呼吸症候群などの最悪な事態を招くことになるかもしれません。

子供のいびきに気づいたら、まずは「どんないびきなのか」、「無呼吸状態になっていないか」しっかりとチェックしてください。
早めに医療機関を受診することで、深刻な事態を免れることが出来るかもしれません。

こちらもおすすめ

関連記事をもっと読む