子供のいびきは病気が隠されている

子供はいびきをかきません

子供の上気道は大人に比べると狭くなっています。いびきをかきやすい構造なのですが、普段いびきはかきません。
これは呼吸が大人に比べると弱くいびきの原因となる軟口蓋の振動が起きにくいことや軟口蓋自体の発達にも関係があるのかもしれません。

ですから子供のいびきはなんらかの病気の症状と考えるべきなのです。大人のいびきと同じように判断することは怖いことです。

いびきは子供の成長を阻害します

子供のいびきは、睡眠中の呼吸が充分でないために必要な酸素が取り込めなくなることです。
子供は寝ている間に育つと言われる位、睡眠は成長には欠かせないものです。子供の平均睡眠時間を見てみると5歳児が11時間、10歳で9.5時間となっていますが、この時間に酸素の供給が充分でないと成長ホルモンの分泌、脳の発達、筋肉や骨格の発達にも影響を及ぼしてしまうのです。

また、いびきは睡眠不足をもたらしますから日中のだるさや居眠り、活動低下、集中力の欠如をまねき心身の発達を阻害してしまいます。

子供のいびきに気付いたら

大人のいびきは肥満による上気道の狭窄などの原因が多いのですが子供の場合は、アデノイドや扁桃腺の肥大、鼻炎などが多いようです。
それ以外にも重大な病気が隠れている場合も考えられるため、子供がいびきをかいているのに気付いたら、それを良く観察してから耳鼻科などを受診して下さい。

子供の健康と成長にとっていびきは危険信号ですから早く医師に相談することが大切です。

こちらもおすすめ

プラチナカードの年会費や取得方法が知りたい方へ。
最上のクレジットカードと言われているプラチナカードの比較サイトです。
プラチナカードを手の中に

ファミリーマートに設置されているコンビニATMのイーネット(E-net)。
お得に使うための方法や、イーネットと相性の良いネット銀行をまとめました。
E-net(イーネット)とは?

関連記事をもっと読む