生まれたての赤ちゃんのいびきは本当に安全?

生まれたばかりの赤ちゃんがいびきをかいて寝ていたら、何となく気になりますよね。

そもそも赤ちゃんはいびきをかくものなのでしょうか?
もしいびきをかいていたら、何かの異常が隠れている証拠なのでしょうか?

でもいびきくらいで病院に連れていくのは抵抗がある...という親御さんのために、赤ちゃんのいびきに関する情報をまとめてみました。

生まれたての赤ちゃんのいびきについて

ある程度成長した子供がいびきをかいて寝ているのは心配ない場合がほとんどですが、生まれたての赤ちゃんとなると話は別です。

赤ちゃんがいびきをかく原因や対処法をご紹介しましょう。

赤ちゃんのいびきの原因

実は赤ちゃんのいびきは先天的な疾患や障害が原因の場合が多いようです。

まず最も多いいびきの原因となっているものが、扁桃腺の肥大です。
扁桃腺が肥大していると気道を圧迫し、いびきをかきやすくなります。

扁桃腺の肥大は成長と共に改善されていく場合がほとんどなので、扁桃腺炎などをあまりにも何度も繰り返したりしない限りはそのまま様子を見ても大丈夫でしょう。

また、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻の疾患がいびきの原因になっている場合もあります。
鼻が通りにくいため、自然と口呼吸になり、いびきをかくのです。

気になるようなら早めに耳鼻科を受診して、異常がないか調べておくと良いでしょう。

赤ちゃんのいびきの対処法

赤ちゃんのいびきは大抵の場合は成長と共に改善されていきますので、あまり神経質にならないことが一番です。

風邪を引いて鼻が詰まっていることが原因の一時的ないびきである可能性もありますので、しばらく様子を見て改善されるようなら問題ありません。

起きている間機嫌が良かったり、いびきをかいて寝ているときに横向きにしたら止まるようなら、まず心配しなくて良いでしょう。

ただ、アレルギーなどによって鼻の疾患がないかどうか確認するために、一度耳鼻科を受診しておくことをおすすめします。

注意が必要ないびき

赤ちゃんがいびきをかきながら寝ている姿をよく観察してみてください。

無呼吸になっている状態が見られることはありませんか?

大人によく見られる睡眠時無呼吸症候群は、赤ちゃんにも起こり得るということを覚えておいてください。

もし無呼吸になっているようなら、脳や臓器に必要な量の酸素が行き渡らなくなり、発育が遅れるなどの問題が起こる可能性があります。

すぐに病院を受診するようにしましょう。

無呼吸については早急に対処する必要があります。

最後に

いびきをかいて眠る赤ちゃんは、実は10%ほどいると言われています。

それほど珍しいというわけではありませんが、何らかの原因が隠れているということは知っておきましょう。

いびきのせいで赤ちゃんが十分に睡眠をとれていないと思ったら、一度病院で相談してみることをおすすめします。

関連記事をもっと読む